鑑定:セイネンコウケンナビなら任意後見・法定後見など成年後見制度に関する情報満載!

用語集

鑑定

後見、保佐の場合、申立て後に、原則として全例、本人の判断能力についての鑑定が行われる。鑑定医は、本人の主治医等がいれば、まずはその主治医等に家庭裁判所から依頼される。しかし、主治医が専門ではない場合など、鑑定をすることができない場合には、専門の医師を探す必要があり、家庭裁判所が鑑定医を探し依頼する。

戻る

ページトップへ戻る

PR