脳血管性認知症:セイネンコウケンナビなら任意後見・法定後見など成年後見制度に関する情報満載!

用語集

脳血管性認知症

脳血管性認知症とは、脳梗塞、脳出血など脳の血管に異常が起きた結果、認知症になるものである。脳に何らかの障害が残った状態、後遺症として進行し、障害された部位によって症状は異なるので、麻痺や感覚障害など神経症状を含め、障害された機能と障害されていない機能が混在する。

戻る

ページトップへ戻る

PR