精神保健及び精神障害者福祉に関する法律:セイネンコウケンナビなら任意後見・法定後見など成年後見制度に関する情報満載!

用語集

精神保健及び精神障害者福祉に関する法律

精神保健と精神障害者福祉について規定した日本の法律である。公布・施行は、1950年5月1日。「精神保健福祉法」などと略される。

目的は、精神障害者の医療・保護、その社会復帰の促進・自立と社会経済活動への参加の促進のための必要な援助、その発生の予防その他国民の精神的健康の保持及び増進により、精神障害者の福祉の増進・国民の精神保健の向上を図ることにある(1条)。

当初の名称は「精神衛生法」で、1987年7月施行の精神衛生法等の一部を改正する法律(昭和62年9月26日法律第98号)により「精神保健法」に、1995年7月施行の精神保健法の一部を改正する法律(平成7年5月19日法律第94号)により「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律」に改める。

戻る

ページトップへ戻る

PR