地域包括支援センター:セイネンコウケンナビなら任意後見・法定後見など成年後見制度に関する情報満載!

用語集

地域包括支援センター

地域包括支援センターとは、介護保険法で定められた、地域住民の保健・福祉・医療の向上、虐待防止、介護予防マネジメントなどを総合的に行う機関である。各区市町村に設置される。2005年の介護保険法改正で制定された。
センターには、保健師、主任ケアマネジャー、社会福祉士が置かれ、専門性を生かして相互連携しながら業務にあたる。
法律上は市町村事業である地域支援事業を行う機関であるが、外部への委託も可能である。 要支援認定を受けた者の介護予防マネ
ジメントを行う介護予防支援事業所としても機能する。

戻る

ページトップへ戻る

PR