司法書士:セイネンコウケンナビなら任意後見・法定後見など成年後見制度に関する情報満載!

用語集

司法書士

他人の依頼を受けて登記・供託に関する手続き又はこれらに関する審査請求手続きについて依頼者を代理すること、依頼され裁判所・検察庁・法務局に提出する書類(本人訴訟に関する訴状・答弁書・準備書面・控訴状、また民事保全法・民事執行法・家事審判法に基づく手続き書面や登記申請の際に添付を要する書類など)を依頼者に代わって作成すること、成年後見人不在者財産管理人相続財産管理人遺言執行者、破産管財人などの業務をおこなうこと、さらに法務大臣の認定をうけた司法書士(認定司法書士)は簡易裁判所における訴訟代理及び紛争の目的の価額が裁判所法第33条第1項第1号に定める額(140万円)を超えないものについて相談に応じ、又は裁判外の和解について代理すること等の法律事務を業とする国家資格者またはその資格制度である。

戻る

ページトップへ戻る

PR