認知症:セイネンコウケンナビなら任意後見・法定後見など成年後見制度に関する情報満載!

用語集

認知症

認知症は、後天的な脳の器質的障害により、いったん正常に発達した知能が低下した状態をいう。

日本ではかつては痴呆(ちほう)と呼ばれていた概念であるが、2004年に厚生労働省用語検討会によって「認知症」への言い換えを求める報告がまとめられ、まず行政分野および高齢者介護分野において「痴呆」の語が廃止され「認知症」に置き換えられた。各医学会においても2007年頃までにほぼ言い換えがなされている。

「認知症」の狭義の意味としては「知能が後天的に低下した状態」の事を指すが、医学的には「知能」の他に「記憶」「見当識」の障害や人格障害を伴った症候群として定義される。

戻る

ページトップへ戻る

PR